洗濯用洗剤をいろいろ試した結果、『部屋干しトップ』が最強だった

スポンサーリンク
部屋干しTOP

洗濯用洗剤で市販されているものはたくさん試してみましたが、もっとも楽ちんに洗濯できるものとして『部屋干しトップ除菌EX』にたどり着きました。

粉のほうが液体より洗浄力が高い

粉洗剤と液体洗剤を比較した場合、粉洗剤のほうが洗浄力が高いです。これは、粉洗剤のほうが液体洗剤よりも強い成分を使うことができるためです。一般的に液体洗剤のほうが高価なので、驚かれる方も多いかもしれませんが事実です。

『部屋干しトップ』には粉タイプと液体タイプがありますが、洗浄力と費用面から粉タイプをおすすめします。

『部屋干しトップ』(粉タイプ)は粉洗剤としては高価なほうですが、他の液体洗剤よりかは経済的です。

部屋干しTOP

生乾きの嫌な匂いがしない

衣類そのものには本来嫌な臭いはありません。生乾きの臭いが発生する理由は、人体のタンパク汚れが残っており、これが生乾きの状態で雑菌が繁殖しやすくなり、臭いを発するためです。

『部屋干しトップ』はその名のとおり、部屋干しで長い時間かけて乾かしても嫌な臭いがしないよう開発された、殺菌効果のある成分が入った洗剤です。

部屋干しTOP

念のため言っておきますと、「部屋干し」という名前がついていますが部屋干し専用というわけではなく、天日干しにも使えます。

部屋干しでも臭いがしにくいので、天日干しではもっと臭いがしにくいというわけです。冬場や曇空の乾きにくいときの天日干しにも最適です。

なお、殺菌効果があるとはいえ、なるべく早く乾かすに越したことはありません。浴室乾燥機や下記に紹介したふとん乾燥機などを活用して、とくに洗い上がり直後の乾燥をアシストしてあげると、ニオイ対策には非常に効果があります。

ふとん乾燥機『アッとドライ HFK-VH500』が便利すぎた件
ふとんの乾燥だけではなく、衣類の乾燥やくつの乾燥にも使えちゃう『アッとドライ HFK-VH500』(日立)。決しておまけ機能ではなく、我が家...

水の冷たい冬は溶け残り対策が必要なことも

粉末洗剤の一番のデメリットとして、水が冷たかったり投入する洗剤量を間違えると、溶け残って衣類に付着してしまうことがあります。付着した洗剤に体が触れてしまうと、特に肌の弱い人は辛いかもしれません。

そこで、きちんと溶け残り対策をして一番のデメリットを解消しちゃいましょう!

まず、粉洗剤はどのタイミングで衣類に付着するのかというと、水に触れて溶け始めの瞬間に衣類に貼り付きやすくなる傾向があります。

そのため、あらかじめ少し水だけを張ってから一時停止して粉洗剤を投入し、軽く撹拌してから衣類を投入すると良いでしょう。洗剤を投入するときは1か所に片寄らないよう、うまく振り分けて投入しましょう。すすぎは2回をおすすめします。

部屋干しTOP

まとめ

結局のところ、汚れや臭いを落とすために洗濯しているのであって、きちんと洗浄力がある洗剤であるというのが大前提です。

なおかつデメリットである「溶けにくさ」もひと工夫で簡単に打ち消すことができるため、いまのところ粉洗剤『部屋干しトップ』が我が家で定着しています。

  • 部屋干しトップ』粉タイプを使う
  • 水⇒洗剤⇒衣類の順番で投入する
  • 洗剤投入は片寄らないよう振分ける
  • すすぎは2回
  • 可能であれば早めに乾かす工夫

【ケース販売】 部屋干しトップ 洗濯洗剤 粉末 除菌EX 0.9kg×8個


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)